Re:CREATORS 10話 前半戦終わり?

まみかの死から続く、アルタイル勢と颯太組の衝突は、真鍳による攪乱によって振幅を増し、ついに颯太組が壊滅の危機に追い込まれます。

以前のエントリで

「Re:CREATORSというタイトルには、キャラが『創造主について』語るという意味があるのではないか」

と書きました。振り返って見るとこれは想像以上に当たりだったような気がします。むしろ、番組スタッフというクリエイター達が自分語りをしているように見える事がたびたびありました。

今回の見所はなんと言っても松原氏が瀕死のセレジアを怒鳴りつけるシーンです。メテオラからは無節操と呼ばれ、そのぞんざいな物言いにセレジアが何度も反発した松原氏ですが、政府機関が接触してきたときの菊地原さんとの会話でセレジアに対する気持ちがはっきり表明されています。

「セレジア・ユピテリアさん。そちらは松原さんの創作物ですね」

「ものじゃないんで。そういう言い方はやめてくれよ」

政府関連組織に引っ立てられて呆然としていたはずの人が、怒りを露わに冷たく言い放つこのシーンは、セレジアにとっても松原という神様がどのような人間か垣間見ることのできた場面でした。そして今回です。

セレジアは2話でまみかに

「私の神様がどんな奴なのか。それは、私自身で判断するわ」

と、言い切りました。そしてそれが今回、松原氏のこのセリフにつながります。

「俺がお前の作者な限り、お前にそんな間抜けな死に方させないぞ!」

創造主の力で蘇ったセレジアは松原氏に微笑み、その姿を見て松原氏が涙ぐみます。かつてセレジアは反発しましたが、この二人は親と娘なんですよね。松原氏は始めからそのつもりで、セレジアはついにそれを認めるに至りました。

どんな人間であってもいいが作品には誠実に向き合って欲しいと言ったメテオラ。しゃんとしろと言った弥勒寺。お前のようなものに創造されたこと、慚愧に堪えぬと言ったアリステリア。いつまでも盟友だと言ったアルタイル。主立ったキャラクターの創造主への気持ちがモザイクのように語られ、物語はようやく前半が終わりました。

戦力的に大きく劣ることになってきた颯太組に対して、アルタイル組は動こうにも動きにくくなってきました。後半戦はクリエイター語りではなく、能力改変を含めた頭脳バトルに突入でしょうか。

正解するカド9話

課金ゲームでした(笑)

ザシュニナは全智かつ全能なため暇をもてあましており、遊興のために作った無数の繭(泡宇宙論)から生じた唯一のゲームである人類で遊ぶつもりだったのです。進化論的プログラミングで作曲ソフトを作っていったら、そのうちの一つがお気に入りの音楽を奏で始めた、といたところでしょう。

真道はザシュニナにとってお気に入りのキャラであり、一緒にこのゲーム世界を歩いていたわけですが、たったひとつの手違いから真藤を殺してやり直そうとします。真藤にとっては殺されるわけですが、ザシュニナにとってはリセット・マラソンでしかありません。こう考えてみると、ワムもサンサも、人類の活動を倍加させるアイテムであり、ザシュニナとしてはゲームを楽しくするために課金アイテムを投入するくらいの気分だったようです。

それにしても、夏目さんの

「真道君と釣り合うのはもっと大きな存在」

という発言が出てきた時点で

(ああ、サラカさん終わったぁ)

と思っていたのですが、土壇場で異方存在という正体を明かし、真道争奪戦のトップに踊り出ました。神様なら大きさに不足はありません。とはいえ、多分神の力の封印である指輪を

「操のようなもの」

と言ってました。神の力を示さずに人類社会を見守る決意のことだと思いますが、操を破ってしまったというのは、色恋的には難しい展開になりそうです。

徭沙羅花(ツカイサラカ)という名前ですが、徭は「エダチ」と読んで人民が公用に徴用すること、とのことです。名字が神たる異方存在の使いという意味だとして、釈迦入滅の時に一時に咲いて散ったとされる沙羅の樹の花とは、何か意味ありげな命名です。

『Re:Creators』 第6話 まみかの義

Re:Creators、物語のキャラクター達が創造主達に干渉することによって物語を『再創造(レクリエイト)』しようとしている話ですが、キャラクター達が『創造主達について(Re:クリエイターズ)』考える、タイトルどおりの話になるのではないかと勝手に予想しています。

さて、前回の感想で脚本に完敗と書いた訳ですが、今回も同じ感想です(笑)。おもしろい。キャラが立っているとか立っていないとかじゃなくて、「この設定のキャラ」と「この設定のキャラ」だから、会話がこうなるだろうという非常に練りこまれた脚本を見せ付けられました。

今回はなんと言ってもアリステリアとまみかの絡みがすばらしかったです。

まみかは登場時には一種際物扱いされていました。現代社会に魔法少女が力を振るうとどうなるかという最高にキャッチーなエピソードで登場した後、その甘っちょろさをセレジアに散々なじられました。このシーンはセレジアの見せ場で、風になびく髪が彼女の荒々しい決意を美しく語っています。セレジアの引き立て役になったまみかですが、おまけに乱入した弥勒寺優夜に一笑されています。なにが優也ですか、ぜんぜん優しくないです。

軍服の姫君もまみかのことをチョロインくらいにしか思っていないのでしょうか、絡みがありません。

が、まみかは他者とのかかわりで輝くんですよね。がちがちに『義』だけを前に出すアリステリアは、最初にまみかを救ったときに微笑みかけます。おそらくは、「危機に瀕している弱きもの」を救うという彼女の義の心がそうさせているのでしょうけれど、それゆえにまみかを横に置くことで、アリステリアの義がセレジアのそれと本質的に異ならないことがよくわかります。

まみかとアリステリアはいろいろなところが対照的です。たとえば住んでいる世界を見てみれば、まみかは物質的に恵まれた現代に近い世界に住んでいます。アリステリアのそれはおそらくは困窮にあえぐ世界です。それをビニール袋のやり取りで鮮やかに描き分けて見せた脚本を賞賛せずにいられません。

アリステリアはその世界の違いに自覚的で、6話でもまみかの世界について聞いています。このシーンはいいですね。民草の救済だけが自分の使命であり、それ以外はどうでもいいといった風のアリステリアですが、その彼女がまみかにだけは使命を超えて心を寄せています。そして、まみかとの対話で、自分の義には心がかけているのだろうと自覚しています。

味方であるはずのおっさんにまで「力を振るえないならば黙っていろ」と散々な言われようのまみかでしたが、今回ついに「元の世界に戻って友達に胸を張れないようなことはできない」とメテオラを助けます。

まみかは「よいことをする」というある意味幼稚な、しかし高潔な気持ちを貫いています。これは目的のためには手をも汚すという決意をしているアリステリアに突き刺さるはずです。それゆえに、まみかには姫君の軍勢にとどまってほしいのですが、どうなるでしょうか。

前回、菊地原さんがボタンをはずす演技に舌を巻きましたが、今回は会話に魅せられました。

 

『月が綺麗』 第5話

初恋によって景色が変っていく二人を描く本作。

初々しい二人をめでているだけで十分楽しいのですが、今回は副題が『こころ』です。それだけで(やめてくれ!)と思ったわけですが、最後まで観てやっぱり3角関係であることに絶望しました。

千夏ちゃん、いい子なのであまり苦しい話に巻込んで欲しくないのですが、公式サイトのキャラクター設定をみて絶望感を深めています。

人の持っているものを欲しがるところがあり、悪気無く「いいなー、ちょっとちょうだい」ということがよくある。

なんだよこの設定!だから大人は嫌いなんです!

『正解するカド』 第5話 発想に驚く

第一話こそ何処に向かうのか不明でしたが、ここに来てどうやら政治・思想アニメかな?と思い始めました。

事実上無限の電気エネルギーを生成する「ワム」。全数を国連管理下に置くよう要求した国連安保理決議に対して、ヤハクィサシュニナは首相に会談を求め、急場をしのぐ秘策を授けます。

「保有するワムは全数国連に渡す。ところで、これがワムの作り方です」

なるほど政治的にOKなわけですが、ここに来て設定のうまさに舌を巻いてしまいました。電気って、大量破壊兵器に直結しないのです。毒ガスや核兵器と違って、大量の人を一挙に殺そうとすると、電気的兵器というのはそれらの人が存在する空間と同程度に大きくならざるをえません。あり得る手段としては殺人ビーム兵器くらいですが、これは国家レベルの開発能力が無いと作り得ない兵器です。そうすると、

「世界のあらゆる所に一斉に大量破壊兵器を手にしたテロリストが現れる」

という話にはなりません。あくまで危険なのは国家ということになります。なので、無尽蔵の電源が与えられると、危険よりも遙に多くの救いが地上にもたらされることになります。

「無尽蔵の電力を供給できる素子、と電力供給素子を無尽蔵に供給できることは違う」

こんな簡単な事でも、気がつくためには怖ろしく自由な発想が必要です。いやー、まったく脚本家はどんな頭をしているのでしょうね。

作品世界ではワムによって一挙に経済構造と貧富の格差が塗り替えられることになります。

「衣食足りて礼節を知る」

が、本当なのか口だけなのか、人類が問われる話になります。ああ、楽しみ!

『Re:Creators』 第5話 脚本に完全敗北する心地よさ

Re:Creatorが面白いです。

先にも書きましたが、もともとこの作品にはそれほど期待していませんでした。しかしながら、完全に打ちのめされながら観ています。めちゃめちゃたのしい!

5話では話が急展開します。4話の終わりでまたまたキャラクタが登場しましたが、5話冒頭で彼を訪ねてきた一同が急襲されます。襲ったのはなんと自衛隊。連れて行かれたのは何と何と内閣直属の緊急対策本部。

「自衛隊が突然襲ってくるが、平和的話し合いを望んでいる」

という、アクロバティックな状況を、ごく自然に理由付けした脚本に完敗です。そりゃそうだ。完全に人間を越えた能力を持つ存在が来ていることに対して対策を練っていたところ、人類を越えるテクノロジーによる重機がやってきたのですから、緊急出動せざるを得ません。菊地原さんによる「政府視点での経緯」が、物語の背景に一層情報をあたえていて、大変自然な解説となっていました。

こういう筋書きで出てくる政府は無能か有能かが極端ですが、このストーリーでは極めて有能な内閣でした。代表者一人に権限を十分与えて耳を傾ける組織というのは、その時点で大変有能といわざるを得ません。前線の指揮官(階級が低すぎると思った)が

「私にはその権限が無い」

といったことと対照的に、菊地原さんが居並ぶ大臣(?)を前に独断で次々と話をつけて行ったシーンが印象的でした。

私はこの作品ではメテオラが一番好きなキャラクタです。飄々とした屁理屈を使うかと思えば、賢く誠実な性格の持ち主もあります。メテオラと菊地原女史の会話は、濁りの無い、美しい精神による、目的を一にした話し合いといった風で、心地よく観ることが出来ました。

それぞれノーヒントであったことから、軍装の姫君と1話冒頭の自殺者は関係があるのでは無いかと考えていましたが、今回ついに結びつきました。次回は悲しい話になりそうです。

2017年春アニメが豊作

実のところ、「春アニメは不作だな」と思っていたのでした。多分、残るのは1,2本だろうと。ところが開けてびっくり玉手箱です。各方面に謝って回らなければならないほど、楽しんでいます。

Re:CREATORS

大穴でした。これ、絶対面白くないと思っていましたもん。異世界転生ものだし。

ところが、やってきたのはこちらからあちらではなく、あちらからこちら(これはまぁ、わかる)。主人公が無力(しかたない)。しかも、他世界から(!)。

ご都合主義的に作られた創作世界(主人公の成長の物語にするため、主人公が弱い。だけど空を飛ぶ。ファンタジーなので「やっつけても」死なない、壊れない等)かから、世界観を置き去りに能力だけ持ってやってきたキャラクター達。彼らが自分たちを非創作物だと知ったときの戸惑い、そして創作者の世界に向けるまなざし。

ともすれば痛々しいだけで雑になりがちなストーリーが、掘り下げて描かれています。特に4話ではメテオラに光りを当てて、彼女が自分が来た世界、自分を作り上げた人、自分を作り上げた人の世界に対して真摯に向き合う姿が、実に丁寧に描かれていました。

そしてメテオラ同様真摯であるが故に、創造主の世界に怒りをたたきつけるアリステリア。

恐るべき事に4話に至っても、まだキャラが増え続けています。はてさて、どうなるやら大変楽しみな作品です。

音楽もかっこいいですね。

サクラダリセット

放送順が出版順では無くて時系列でした。

ものすごく丁寧に作り込まれています。ものすごく丁寧で、原作に充実なため、4話のラストで私が死にそうになりました。ストーリーを知っていても、あれはきついです。

ケイが4話のラストで村瀬さんに仕掛けたことは、彼女の、言葉とは反対のどうしようのない優しさにたどり着いたという自信に裏打ちされています。しかし、一方でケイがそれにたどり着いたロジック(1回目に村瀬さんは猫を助けるためにリセットを強いた。猫を助けたことを確認するためにリセットによる記憶消去を能力で打ち消した。2回目には彼女は皆実さんを助けるためにリセットを強いた。皆実さんを死に至らしめたことに耐えられないので、リセットによる記憶消去を打ち消さなかった)が視聴者に伝わりにくい点は、いかんともしがたいです。

さらに、皆実さんが村瀬さんが言った言葉、「あなたはちっとも特別じゃ無い」は、皆実さんの『死を受け入れてでも非凡さを手に入れたい』という悲しい渇望を理解しないと、その重さがわかりません。そこがやはりわかりにくいことが残念でした。

そしてなにより、あんな滅茶苦茶な手を使ってでも、苦しんでいる村瀬さんを助ける選択をした背景に、自分のせいで相麻さんを死なせてしまった事への悔恨があること。これがテレビで表現できないのは、もう仕方ない気もします。

原作は大変複雑で、しかもエピソードと心がもつれ合った作品です。それを丁寧に描こう、間もきちんととろう、そういう制作者の意図が見えてくるだけに、尺の短さがつらいところです。

でも、満足度が大変高い作品。

正解するカド

第1話を見終わった後は「とりあえず釘宮さんを聞くために続けよう」くらいだったのですが、なかなかどうして、脚本がよくできています。

特に3話に出てきたワムの扱い。

「むしろ無尽蔵なエネルギーは問題だよ」

という視聴者のツッコミをきっちり予測して、温暖化問題、国際政治問題にまで昇華したのは流石です。登場人物を切れ者設定にしておいて脚本がグニャグニャだとどうしようも無いのですが、この作品については毎回息を呑むようにして観ています。

月がきれい

他愛ない話なのですが、新鮮ですね。

超能力無し、異世界無し、特別な能力無し、性別入れ替え無し、ごく普通の少年少女の恋愛劇ですが、少年側を少し文学に振ったことで物語りが平板になることを防いでます。平均的な少年はあまりにもあほだからなぁ。

村下孝蔵は反則。

ツインエンジェルbreak

もう録画しなくていいかなぁ、と思っていたのですが4話で大爆発。茅野さんの舞い上がり演技、静御前のおちゃめなそそのかし、そしてなにより吉野さんの演技に笑いっぱなしでした。