映画:『氷菓』についてもう少し

先日ブログに映画の感想を書いた後にも映画化について考えていました。自分の考えをまとめるために書き記しておきます。

小説を映画化する際には一語一句変えずにそのまま映像化することは原則として意味が無いため、当然のように映画には改変があります。その中で一番私にショックを与えたのは、設定やストーリーの変更ではなく

「神山高校の校舎が奉太郎の時代と関谷純の時代で同じ」

事です。

この投稿の続きを読む

広告

『つうかあ』第五話

ツイッターのほうでわあわあわめいているアニメ『つうかあ』ですが、第五話がちょっと素通りできないほど掘り下げの深いエピソードですのでブログに書き残すことにしました。

私はこの番組に対して、「せっかくのサイドカー(レーシング・ニーラー)アニメなのに、女の子の関係にばかりフォーカスしている」点に不満を感じています。しかし、今回はあまりにもその心理的掘り下げがすばらしかったため、賞賛せざるをえなくなってしまいました。

第四話Swap Meetと第五話Reverse Gridは二話連続で筑波の村田いずみ・鈴木なぎさペアに焦点を当てています。ちなみにReverse Gridはレーシング用語で、強い選手が毎回勝って退屈なレース運びにならないよう、前回優勝者のスターティング・グリッドを後ろに下げる措置のことです。

この投稿の続きを読む

映画『氷菓』を観てきました

映画『氷菓』を観てきました。

米澤穂信作品の映画化に関しては、『インシテミル』にがっかりしたのでこの作品には不安があったのも事実です。が、終わってみれば当初の不安は吹き飛び、「観て良かった!」という感想で一杯です。

以下感想を書きます。このマイナー・ブログをわざわざ読んでいるのは原作『氷菓』を何度も読んだような濃いファンばかりでしょうからいまさらネタバレを心配しても仕方有りません。しかし、映画には映画の発見と驚きがありますので、できればこれを読まずに映画を観ることをお奨めします。

この投稿の続きを読む

『re:creators』チラシの裏

わーっと書きたいことが湧いて出てくるのですが、放送直後にツイッターで話の中身に入りすぎるのもみっともないのでブログで。

この投稿の続きを読む

『RE:CREATORS』の構成がしっかりしていて感心した

『RE:CREATORS』は、第21話「世界は二人のために」で大団円を迎えました。

隠し球であった自身のコピー『シリウス』まで取り込み全ての被造物を退けたアルタイルでしたが、颯太が現界させたセツナとの対話により、二人ともこの世から退場しました。大崩潰は阻止されたことになります。

2クールに及んだこの作品は当初の被造物達の戦いから創造主達へとフォーカスが変り、後半では主役級の被造物が次々とこの世を去ったため、みょうな駆け足感というか、つぎはぎ感を感じました。しかしながら、戦いが終わって見返してみると、非常に緻密に練られた伏線で個々のエピソードが繋がっており、感心する部分もあります。

以下、感じたことを書いてみます。この伏線は後ろから見ていった方がわかりやすいようです。

この投稿の続きを読む

Re:CREATORS 10話 前半戦終わり?

まみかの死から続く、アルタイル勢と颯太組の衝突は、真鍳による攪乱によって振幅を増し、ついに颯太組が壊滅の危機に追い込まれます。

以前のエントリで

「Re:CREATORSというタイトルには、キャラが『創造主について』語るという意味があるのではないか」

と書きました。振り返って見るとこれは想像以上に当たりだったような気がします。むしろ、番組スタッフというクリエイター達が自分語りをしているように見える事がたびたびありました。

この投稿の続きを読む

正解するカド9話

課金ゲームでした(笑)

ザシュニナは全智かつ全能なため暇をもてあましており、遊興のために作った無数の繭(泡宇宙論)から生じた唯一のゲームである人類で遊ぶつもりだったのです。進化論的プログラミングで作曲ソフトを作っていったら、そのうちの一つがお気に入りの音楽を奏で始めた、といたところでしょう。

この投稿の続きを読む