虎破竜・竜撃虎

「ねぇ、竜児。みのりん居ないんだ。一緒に食べていいでしょ」

5月のある日、珍しく大河が一緒に食べようと声をかけてきた。もっとも、そんな大胆な行動に出てくるのも北村が居ないとわかっているからだ。大河の思い人である北村祐作は、今日はソフトボール部の打ち合わせで昼休みも不在だ。居れば大河はまともにしゃべることも出来ない。

「おお、いいぞ。せっかく天気もいいし屋上で食うか」

と、竜児が言ったのは必ずしも天気のためだけではない。

ちょっとだけだが、クラスメートの視線が気になるのだ。大河が大暴れして全員に謝罪を要求した後、「高須と逢坂はつきあっていない」というのが2-Cの公式見解である。だが、事実としては二人は一緒に登校しているし、スーパーマーケットで一緒に買い物をしているのを目撃されているし、二人のお弁当のおかずはいつも一緒だし、喧嘩ばかりしているくせにちっとも離れない。そんな二人に対して、好奇のというか、腫れ物を触るような視線が向けられるのだ。

世間の目を無視する能力をつらい子ども時代に身につけた竜児は、普段はそんなもの華麗にスルーしているのだが、ごく希に、理由無く気になる日がある。別に世界が滅びる予兆を感じるとか、黒猫が前を横切ったとかではない。ごくごく普通の、思春期の少年らしい、こころの小さな乱れ。次の日の朝には消えて無くなっているようなさざ波を、竜児も心に持つことがある。

「そうね、じゃぁ屋上に行きましょう」

教室を出るとき、背中でいくつもの安堵のため息が漏れるのを聞いた。ちぇっ、いつもなら聞こえないのに。

◇ ◇ ◇ ◇

しかしまぁ、安住の地とは易々と手に入らないものらしい。好天気である。当然のようにそれなりの数の少年少女達が先客として屋上に来ている。そこそこに居心地の良い一角に陣取った二人だったが、お弁当の蓋を開ける頃には強烈な視線が降り注ぐようになってきた。

「あら、今日はお肉が多いわね。今朝のおかずは卵焼きとお味噌汁だけだったのに」
「昨日のあまりだ」

さすがに大河は竜児より胆が座っている。背中に刺さる視線ごとき、気にならないらしい。鶏肉を見てニコニコしている。

二人は少し甘かったかもしれない。2-Cのクラスメイトはいつも最大限二人に気を遣っているのだ。いくら好奇の目で見ると言っても、二人がどうすれば怒るか知った上で、見えない地雷原に踏み込まないよう安全距離を測りながら息を詰めて高校生活を送っているのだ。だが、屋上に居る連中は違う。単なる一般市民。戦争を知らない子ども達。怖いもの知らずと世間知らずの区別がついていない幸せな高校生に過ぎないのだ。

だから、踏み込んではいけない領域に足を踏み入れてしまったのは決して彼等が悪いわけではない。それでも、

「…ちょっと、やっぱりあの二人…」
「……………ヤンキー…………………手乗り………………」
「…………の時…………血祭り………………」
「…………………つきあってるって…………………」
「…毎朝………………」

聞こえるように話したのはまずかった。そういうことは礼節に反するし、何しろ身の安全に反する。目の前で全身の毛を逆立てる大河を見て、竜児はため息をつく。あーあ、どうやら昼飯も落ち着いて食えないらしい。

ぴくぴくと片頬を振るわせていた大河が竜児に噛みついたのは、いきなりだった。

「あんた、ちょっとこれどういう事よ!私の嫌いなおかずばかりじゃない!」

いつもなら、押し殺した声で威圧しているところだ。そうして獲物が動けなくなったところに、かさにかかってくるのが大河だが、今日は少し違う。いきなり大音量。突然のことに屋上がしんとなる。

「おう、なんだぁ?俺の飯に文句があるってのか」

普段と違う大河に、竜児もいきなりの低い声。たった3秒で一気に臨戦態勢になった二人は、どちらとも無く、ずいと立ち上がった。いい気になってうわさ話をしていた連中は、今や息をするのも忘れて二人を見ている。

「なによ、あたしに逆らおうっての?」
「けっ、でかいツラしやがって。女だからって手加減してやってんのがわかんねえのか」

エスカレートする二人を見ていた2年生が思わず「すげ、手乗りタイガー対ヤンキー高須か」と、笑ったのが運の尽きだった。

「ああああああぁ????」

と声を上げた竜児が目を眇めてその男子を見る。思わず尻でずり下がる2年生。

「おう、高見の見物のつもりか。お前2年だろ。名前言ってみろ」

すごまれて声も出ない男子。ギャラリーも、コントロールを失った状況に、助けを出すことすら出来ない。

「ちょっと、竜児。喧嘩の相手間違えてんじゃない?ギャラリーなんかほっときゃいいのよ。あんたつぶした後に全部殺せば目撃者もいないし一石二鳥よ」

鳥肌を立ててギャラリーが言葉の意味を噛みしめている頃合いに、はかったように大河が振り向く。あちこちでひっと声が上がる。

「お前ら見てんじゃねぇぞ!」

竜児が大声を張り上げたのが引き金となった。慌てて弁当箱をひっつかんだ生徒達が声も出せずに逃げ始めた。屋上は一瞬でパニック。我先にと逃げる生徒はものの15秒で姿を消した。残るは竜児と大河の二人のみ。

「さ、飯、飯!」
「あー、お腹すいた!」

再び座り込んだ二人は、何事もなかったように弁当に手をつける。

「結構効き目あるな」
「あんた怖すぎるのよ、その目」
「お前のほうが怖がられてたぞ」
「いやぁ、あんたの目には負けるわ。女子泣いてたわよ」
「そうか?」

実乃梨が大河に貸してくれた漫画を、二人して夜遅くまで読みふけったのが昨日の晩のこと。「喧嘩したふり」なんて見え見えの作戦が通じるかよ!と竜児はつっこんだのだが、いざ自分たちがやってみるとびっくりするほど効果があった。

「あんた、あの漫画机に置きっぱなしじゃない?やっちゃんに見せない方がいいわよ。えぐいし」
「大丈夫だろ。てか、ああいう柄の悪い顔つきの絵、泰子は結構好きだぞ」
「……………そう…」
「……………お前、今なんか失礼な事考えたろ!弁当返せ!」
「知らないわよ!」

せっかくのいい天気。せっかく嘘の喧嘩までして二人っきりになれたのに、つまらない喧嘩ばかり。クラスメートが関わらないのは実に賢明である。二人がいくらなんと言おうと、付き合っていないと言おうと、見て見ぬ振りを通す方がいい。関わらない方がいい。だって、言うではないか。

夫婦げんかは犬も食わない、と。

初出 : 2009年6月6日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。