襲撃の朝

襲撃翌朝の大河の電話に、深い意味づけは出来ないんじゃないか?

大河は理屈も説明も通じないめちゃくちゃ女として登場してる。そうなった背景は、後からいくらか説明されるんだけど、背景が説明されたからってめちゃくちゃはめちゃくちゃだ。

竜児を信じられないというくせに、いきなり恋愛相談を始めてみたり、何でも言うとおりにするといわれて「犬のように忠実に…」などと言い出す。これ、言葉だけ切り出すと横暴極まりないが、いきなり竜児を全面信用してるぞ。

あとで大河がなんと言おうと、いきなり怒鳴り散らす理由なんか無い。

この時期の大河は孤独で不安定で、行動に合理性が無い。翌朝竜児に電話をしたことには、何の理由もないとおもう。あえてこじつければ、朝起きて、いきなり世界が許せなかったから、ってのが俺の解釈。

竜児、かわいそう過ぎる(w

———

「なぁ、大河」
「何?」
「いまさら聞くのもなんだけどさ、お前、木刀持って俺を殺しに来た次の朝、今すぐ来いっていきなり電話してきたよな」
「そうだっけ」
「そうだっけじゃねぇよ、忘れたのか」
「うーん。覚えてない。嘘、今思い出した。電話したね♪」
「『したね♪』じゃねぇ!あのとき、何で電話したんだ?」
「へ?」
「だからさ、別に前の晩『毎朝迎えに来い』なんて言ってなかったじゃないか。あとでそう言ってたけど、お前いきなりそんな事させるほど、でたらめじゃなかっただろう」
「そうかな」
「確かにあの頃のお前はめちゃくちゃだったけどさ、『約束していない事』をしないからって怒鳴り散らすほどでたらめじゃなかったぞ」
「そ、そう、思う?」
「照れ笑いでごまかすな。なぁ、なんであんな電話よこしたんだ?」
「…ごめん…許せなかったの」
「俺をか?」
「ううん、世界を」
「はぁ?」
「朝起きて、ぼけっとしてたら『なんで私だけこんななのよ』って、世界が許せなくなって。それでむしゃくしゃしてあんたに…」
「おま…ほんとにそんな理由かよ!」
「りゅうじぃ…怒んないで…」
「まったく…お前にはほとほと参るぜ」
「でもね、でもね、私はそんなだったけど、竜児はお掃除してくれて、ご飯食べさせてくれて、お嫁さんにしてくれたの」
「今だいぶ飛ばしたけど、まぁ確かにあれが馴れ初めか」
「そうよ。ごめんね竜児。でも大好き。信じて」
「分かってる」
「竜児も私のこと好き?」
「おう、当たり前じゃないか」
「うん…でもね、毎日聞かないと不安になるの」
「寂しがりやめ」
「えへ…ねぇ竜児…もう一回…」
「…じゃぁ、でたらめ電話のお仕置きだ、覚悟しろよ」
「あ、竜児、優しくして!お願い!」

———
すまん、書いていて馬鹿馬鹿しくなった。

あとがき

一巻襲撃事件の翌朝、そもそも何故大河は怒っていたのかという話がスレにあって、書いた作品

初出 : 2009年5月26日

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。