サボテン秘話

「折木さん、福部さん、部室にお花を置きませんか?」
「花?」
「いいねぇ、この部室は殺風景すぎていけないよ」
「どうするんだ。すぐ枯れるだろう」
「いいえ。鉢植えなら、ちゃんと世話をすれば長持ちしますよ。季節が終わったら次の花にするんです。そうすると、一年中、部室が華やぎます」
「誰が世話をするんだ?」
「もちろん、分担ですよ」
「当番制もいいかもね」
「みんなで世話をすればきっと綺麗な花が咲きます。折木さんは、どんなお花が好きですか?」
「俺か…俺はサボテンがいいな」
「サボテンですか」
「ああ、サボテンはいいぞ。年中緑だ。枯れないしな」
「確かにお花が枯れると寂しい気持ちになりますね。わかりました。わたしの家の庭にもいくつか植わっています。今度持ってきますね」

◇ ◇ ◇ ◇

「ホータロー、関心しないな。また千反田さんに嘘かい?」
「今日は嘘はついてないぞ。サボテンは好きだ」
「ふーん。ホータローに植物の好き嫌いがあるとはね。後学のために聞かせてくれるかい?サボテンのどこが好きなんだい?おっと、お為ごかしは無しだよ」
「世話をしなくて済むところだ」
「やれやれ。そんなところだと思ったよ」

(おわり)

 

後書き

アニメ第2話を見たら、いきなり部室の机の上にサボテンが乗っていました。初期のイメージ画像などからサボテンは印象に残っていたのでどんなエピソードかと思ったら、省略されていました。むむむむ。楽しみにしてたのに。

上の作品は勢いで書いたものです。文体が千反田さんの声に引きずられています。

初出 : 2012年5月2日

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。