最終回

3月ももう終わりです。いろいろな番組が最終回を迎えました。

ブログでは触れませんでしたが、『ちはやふる』楽しかったなぁ。

あの夏で待ってる

予想通りと言えば予想通りの終わり方ではありました。結局先輩の記憶の場所にはたどり着いたものの、二人は再会を誓いつつ結局離ればなれに。

イチカに被らせたシールドが、実はウエディング・ベールを暗示していたりして、細かいところで憎いです。

檸檬が撮りためていたフィルムを4人に渡すのは、想像通りでした。ただ、このフィルムを渡す前後の、日常に戻った4人の描写がよかったですね。あれほどさわやかに映画に誘ったくせに、煮え切らない哲朗もいいですが、その煮え切らない態度を前にして全く動じず、「ウェルカムですよ」と待つ女をにっこりアピールする美桜。そして、互いの気持ちをさらけ出してなお、仲のいい幼なじみであり続ける柑菜と哲朗。

少し無口になった海人。もともとアクティブな少年ではなかった彼が、さらに静かに勉強に打ち込んでいる様は、「必ず会いに行く」とイチカに誓った約束のためでしょうか。

4人でのフィルムの上映会。それぞれにけりを付けたつもりの気持ちはまだやはりくすぶっていて、楽しい想い出やつらい想い出に揺れるそれぞれが丁寧に描けていました。そして柑菜を気遣う美桜、海人を気遣う哲朗。単なる恋愛劇ではなく、それを支える互いの気遣いがこの作品に色を添えています。

後半、あまりの破天荒さが不気味にすらなっていた檸檬や、さんざん石塚家で人の口に上りながら、最後に一度だけ登場する真奈美の旦那さんといった面々が爆笑を呼びましたが、その彼らはどうやらエンディング後の自主映画上映会に繋がっているようです。何しろ海人に渡されたフィルムは「山乃檸檬 presents. 未完成版」ですから。

夕刻や朝の色が印象に残る、さわやかでいい番組でした。

Another

わーい!死者の予想当たったよ!

と、単純には喜べなかったなぁ。序盤から中盤に描けて、恐怖から謎へと軸足を移したこの作品は、最後の二回でサバイバルが話の主体になります。

薄っぺらだったな。

前回も批判しましたが、水嶋監督は人の生死を描かない方がいいです。多分、そっち方面の才能と努力が決定的に欠けています。序盤から中盤にかけて、あれほど赤沢さんの委員長としての責任感や、恒一への好奇心・想いを描いておきながら、最後の二回で全く活かすことができないなんぞ、噴飯ものです。

恒一が死者と向き合うシーンも、あんな一方的な迷いだけではなく、二人の間の会話があってしかるべきなのに、なんだかなぁといった感じでした。

序盤がすばらしかっただけに随分がっかり感の残った番組でした。

広告

投稿者: みとっち

とらドラ!と古典部のSSを書いています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください