2012春アニメ

2012年4月も半月過ぎました。今期スタートのアニメも大抵第1話が終わってます。

黄昏少女×アムネジア

原作知らなかったのですが、前期「Another」(の中盤まで)が思いの外良かったので、ホラー枠で視聴しています。もっとも、実は見るのを決めてから原作読みましたが。

話としては、中学校旧校舎に出てくる幽霊「夕子さん」にまつわる学園ホラーなのですが、全体的にコメディ仕立てです。第一回は登場人物紹介って所だと思うのですが…紹介してなかったですね。

這いよれ!ニャル子さん

今期馬鹿アニメ枠。

基本的にはガンダムやらオタクやらのポップカルチャーネタを混ぜるどたばたコメディのようです。ラブクラフトのクトゥルー神話ネタを扱っていることになっているのですが、主人公からして「思い出したようにクトゥルーねた混ぜやがって」なんて言ってます。オタクねた+クトゥルーねたのどたばたアニメとして見ることにします。

生っき物っじゃ、なーい!

坂道のアポロン

「氷菓」と並んで今期一番期待している作品です。

原作は知りません。絵柄が何となく同性愛を思わせる感じがして嫌だったのです。が、始まってみるとそんな事は全然ありませんでした。主人公の対人恐怖症にまつわる機微は今ひとつわかりにくかったですが、戦後昭和中期の軍港という、鉄色の空気の流れる街が、いい雰囲気を作り出しています。かみ合わない日常を突き破るな鮮烈なドラムが印象的な1話でした。

次回が楽しみです。

所で、サブタイトルのMoanin’は、NHK「美の壺」のオープニングで使われていた曲です。

謎の彼女X

今期配信視聴枠。

原作者は「アフタヌーン」誌で活動していた方ですね。今でもそうでしょうか。デビュー作(?)の謎の少年が女の子を振り回す漫画が好きだったのですが、二作目でロリコンを突き抜けてペドフィリアまで行ってしまったのでいつの間にか読まなくなってしまいました。その後アフタヌーンも読まなくなったのですが、5年ほど前、仕事でノイローゼ寸前まで追い詰められた頃、出張先で深夜の本屋でこの番組の原作を読んだことがあります。2巻まで読んでやめたのを覚えています。だって、話しが進まないんだもん。

謎の彼女X、第1話はほぼ原作通りです。夢の中でも踊っていました。狭い空間にごちゃっと色々書き込む作者のスタイルをよくアニメーション化しています。ヒロインが構成的な作品、であるはずなのですがあまりにもありがちな「主人公が知らないこの世の秘密を全部知っている全知な彼/彼女」タイプですね。正直満腹。絵が80年代っぽいのは気にならないな。ヒロインの声優さんが棒読みっぽいのですが、一方で笑い声はすばらしいです。

唾液の擬音は嫌だなぁ。

主人公、特撮映画マニアでしょうか。机前の壁に貼っているのは、「2001年宇宙の旅」っぽいです。反対側の壁には「恐竜百万年」が元ねたらしきポスターがあります。あと、STAR MARSってのは、あれですよね。

いろんな意味で斜め上な作品ですが、これぞ深夜アニメでやるべき作品、であるのは間違いありません。

広告

About みとっち
とらドラ!と古典部のSSを書いています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。