「氷菓」 第1話 伝統ある古典部の再生

ついに、とうとう、やっと始まりました。アニメ「氷菓」。もう、楽しみに待ちすぎて自分の中でも訳が分からなくなってますが、何はともあれ、大好きな作家の看板作品がアニメ化されて電波に乗ったおめでたい週でした。

第1話は登場人物の紹介的なところがあって、割とスロースタートな米澤作品ですから、全体的に地味な印象ではあります。ただ、紹介回だけに登場人物の特徴はよく押さえられた回でした。

原作の雰囲気を意識しつつ、全体的にはアニメ的な表現を優先したな、というのが素直な印象です。以前から言われていたことですが、古典部シリーズは雰囲気が落ち着きすぎていてアニメ化には向いていません。それをアニメにするために、美しい美術と若干の味付けをしたのでしょう。

特徴的な変更の一つは、やはり、原作のうち、込み入った言い回しのやりとりが大胆に省かれていることでしょう。大筋原作通りであることは間違いないのですが、入部エピソードの一番重要な会話の一つである「過失致死も殺人も同じか」という里志とのやりとりが省かれています。積極的に省エネを選んでいる自分は、何となく青春に関心が無くて受動的に灰色な連中とは違うと言う(あるいはそう思いたい)奉太郎を理解する上で、この会話は重要です。エネルギー消費の大きな生き方にも敬意を表していることは他の部分でも語られていますが、省エネを掲げつつ、そのモットーを堅持することに戸惑いを感じる奉太郎。ただ、この部分の会話はあまりにも遠回しで、小説を読んでいても暫くは首をひねるようなところです。削除して正解と言えるでしょう。

キャラクターの改変という意味では、一番大きいのは千反田さんです。原作に比べると随分元気になりました。米澤作品でも屈指の人気を誇るヒロインですし、作品のイメージそのものでもあるので抵抗を感じている人もいるようです。私と言えば、気に入っています。説明は難しいですが、これは私にとって「アニメはアニメでいいじゃないですか」と言える変更です。楚々とした育ちのよいお嬢さんというのは、一歩間違うとくどいキャラになりそうですが、アニメ「氷菓」の千反田さんは、うまく演出されていますね。

立っているときにきちんと体の前で両手をそろえている千反田さんが、疑問を抱いたときに奉太郎に詰め寄る姿など、ニヤニヤしながら感心してしまいました。これはいいアニメ化ですよ。

背景の質感の高さに開いた口がふさがらなかったり、千反田さんが1-Bに来る前後で、掲示板の画鋲が抜かれていたりと、美術の細かさにも圧倒される作品です。前期の「あの夏で待ってる」は、とことん光にこだわった作品でしたが、この作品の美術にも期待です。

ところで原作『氷菓』の副題ですがいつの間にか”You can’t escape”から”The niece of time”に変わっていたんですね。「時の姪」ってのは”The daughter of time”という小説のタイトルをもじったそうですが、姪というのは…いや、それはいずれ。

それにしても、改めて映像で見ても奉太郎は変わり者です。頭が切れるのはいいとして、たかがまっすぐ帰りたいなんてことのために平気で嘘をつきます。彼の場合、嘘や隠し事に仲間を陥れる動機は一切ありませんが、こういう必要悪への躊躇のなさは、探偵役には重要な資質なのかも知れません。

次回は摩耶花の登場と、いよいよ喫茶店「パイナップル・サンド」でのデート回ですね。モットーの堅持か、千反田さんを受け入れるか、保留した奉太郎が揺れる様を楽しみにしてます。

広告

About みとっち
とらドラ!と古典部のSSを書いています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。