小説「氷菓」、謎の解決状況

(核心部分のネタバレがあります)

どこかに書いた気がしますが、わたしの米澤穂信のファン歴はたかだか1年弱にすぎません。その上推理小説の読書量というと、はなはだ心許ない少なさで、おそらくこれまで20冊も読んでいないと思います。おまけに半分以上は米澤穂信を読み出した後です。そう言うわけで、推理小説に関して語る術をわたしは持ち合わせていないのです。ただ、「あの本の巻末解説にはこう書いてあった」と言えるくらいが関の山です。

しかしながら、それほど心許ない推理小説歴であっても、「あれ?」と、思う事はあります。たとえば、今回取り上げる「氷菓における謎の解決状況」なんてものが頭の隅に雪だまりのように残っちゃうんですよね。

何が言いたいのかわからんと言う人がいると思いますので、まずは小説「氷菓」に登場した事件の解決状況の一覧をご覧ください。

  • 密室の少女事件:奉太郎の推理はまず間違い無いと思われる。ただし、用務員に3階を施錠したか確認したわけではない。
  • 愛無き愛読書事件:同じく2年生女子には確認していないが、こちらはさらに間違い無いと思われる。
  • 遠垣内事件:奉太郎の脅迫は成功したが、遠垣内が何をしていたか本人には確認していない。
  • 優しい英雄事件:関谷純が「望んで全校生徒の盾になったわけではない」ことで間違い無いと思われる。糸魚川教諭は顛末をほのめかしただけだが、肯定と見ていい。
  • 『氷菓』の表紙イラスト:摩耶花の予想が間違っていないと糸魚川教諭が首肯した。
  • 『カンヤ祭』の語源:里志の調査結果で間違いないと思われるが、糸魚川教諭は肯定も否定もしていない。
  • 『氷菓』のタイトル:依頼人の千反田さんが奉太郎の推理結果から「悲鳴」を思い出したので、間違い無いと思われる。ただし、糸魚川教諭は何もいわなかった。
  • 45年前の運動の影のリーダー:不明
  • 関谷純の生死:探す必要は無いと、喫茶店で千反田さんが言った。

たとえば少年漫画系の推理劇なら、「犯人はあなただ!」「畜生、ああ、そうさ、俺がやったのさ」的な形式にのっとり、大団円ですべてのトリックと動機が犯人の口から語られます。勧善懲悪という枠組にのっかるのなら、犯人は裁かれる必要があります。

一方の「氷菓」は日常の謎と言われるジャンルに属するそうですが、これは列挙したわたしもびっくりです。なんと、証人を含む関係者がはっきり推理の結果を肯定した謎は、「表紙イラスト」たったひとつしかありません。一歩譲って、関係者が否定しなかった事まで数えるとしても、結果がはっきりしたのは半分程度です。この作品では、確認が取れる結末でも確認はとりません。

それを象徴するかのようなことを、図書館で奉太郎は思います。

「大事なのは真実ではない、千反田が納得することだ」

これはなかなか重要なセリフで、実は古典部シリーズを通して、多くの事件で奉太郎は千反田さんがどう思うかを重視して推理します。依頼人のために真実を明らかにするのではなく、依頼人を満足させる回答を探しているのです。そう考えれば、上のような結果は当然と言えます。千反田さんが納得しているのなら、余分なエネルギーを使って関係者に「合ってますか」と念押ししてまわる必要もありません。まして、聞かれていない影のリーダー、関谷純の生死を調べる必要など無いのです。

有り体に言えば千反田えるという少女は、10年前に叔父を相手にしていた「これなあに?」とあれこれ聞いては答えを教えてもらう遊びをやめられず、奉太郎相手に続けています。そして彼女が欲しいのは本当は真実ではなく、謎を解消してもらうカタルシスなのかも知れません(叔父の言葉を除く)。

推理ともう一本、人間の物語を軸として必ず持つ米澤穂信の作品では、推理結果が真実だったかどうかは重要視されていないことが多いように思えます。また、多くの謎が特にはっきりと明かされずに放置されている事も多いようです。どうでしょうか。わたし、気になります!

広告

About みとっち
とらドラ!と古典部のSSを書いています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。