『Re:Creators』 第5話 脚本に完全敗北する心地よさ

Re:Creatorが面白いです。

先にも書きましたが、もともとこの作品にはそれほど期待していませんでした。しかしながら、完全に打ちのめされながら観ています。めちゃめちゃたのしい!

5話では話が急展開します。4話の終わりでまたまたキャラクタが登場しましたが、5話冒頭で彼を訪ねてきた一同が急襲されます。襲ったのはなんと自衛隊。連れて行かれたのは何と何と内閣直属の緊急対策本部。

「自衛隊が突然襲ってくるが、平和的話し合いを望んでいる」

という、アクロバティックな状況を、ごく自然に理由付けした脚本に完敗です。そりゃそうだ。完全に人間を越えた能力を持つ存在が来ていることに対して対策を練っていたところ、人類を越えるテクノロジーによる重機がやってきたのですから、緊急出動せざるを得ません。菊地原さんによる「政府視点での経緯」が、物語の背景に一層情報をあたえていて、大変自然な解説となっていました。

こういう筋書きで出てくる政府は無能か有能かが極端ですが、このストーリーでは極めて有能な内閣でした。代表者一人に権限を十分与えて耳を傾ける組織というのは、その時点で大変有能といわざるを得ません。前線の指揮官(階級が低すぎると思った)が

「私にはその権限が無い」

といったことと対照的に、菊地原さんが居並ぶ大臣(?)を前に独断で次々と話をつけて行ったシーンが印象的でした。

私はこの作品ではメテオラが一番好きなキャラクタです。飄々とした屁理屈を使うかと思えば、賢く誠実な性格の持ち主もあります。メテオラと菊地原女史の会話は、濁りの無い、美しい精神による、目的を一にした話し合いといった風で、心地よく観ることが出来ました。

それぞれノーヒントであったことから、軍装の姫君と1話冒頭の自殺者は関係があるのでは無いかと考えていましたが、今回ついに結びつきました。次回は悲しい話になりそうです。

広告

About みとっち
とらドラ!と古典部のSSを書いています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。