『Re:Creators』 第6話 まみかの義

Re:Creators、物語のキャラクター達が創造主達に干渉することによって物語を『再創造(レクリエイト)』しようとしている話ですが、キャラクター達が『創造主達について(Re:クリエイターズ)』考える、タイトルどおりの話になるのではないかと勝手に予想しています。

さて、前回の感想で脚本に完敗と書いた訳ですが、今回も同じ感想です(笑)。おもしろい。キャラが立っているとか立っていないとかじゃなくて、「この設定のキャラ」と「この設定のキャラ」だから、会話がこうなるだろうという非常に練りこまれた脚本を見せ付けられました。

今回はなんと言ってもアリステリアとまみかの絡みがすばらしかったです。

まみかは登場時には一種際物扱いされていました。現代社会に魔法少女が力を振るうとどうなるかという最高にキャッチーなエピソードで登場した後、その甘っちょろさをセレジアに散々なじられました。このシーンはセレジアの見せ場で、風になびく髪が彼女の荒々しい決意を美しく語っています。セレジアの引き立て役になったまみかですが、おまけに乱入した弥勒寺優夜に一笑されています。なにが優也ですか、ぜんぜん優しくないです。

軍服の姫君もまみかのことをチョロインくらいにしか思っていないのでしょうか、絡みがありません。

が、まみかは他者とのかかわりで輝くんですよね。がちがちに『義』だけを前に出すアリステリアは、最初にまみかを救ったときに微笑みかけます。おそらくは、「危機に瀕している弱きもの」を救うという彼女の義の心がそうさせているのでしょうけれど、それゆえにまみかを横に置くことで、アリステリアの義がセレジアのそれと本質的に異ならないことがよくわかります。

まみかとアリステリアはいろいろなところが対照的です。たとえば住んでいる世界を見てみれば、まみかは物質的に恵まれた現代に近い世界に住んでいます。アリステリアのそれはおそらくは困窮にあえぐ世界です。それをビニール袋のやり取りで鮮やかに描き分けて見せた脚本を賞賛せずにいられません。

アリステリアはその世界の違いに自覚的で、6話でもまみかの世界について聞いています。このシーンはいいですね。民草の救済だけが自分の使命であり、それ以外はどうでもいいといった風のアリステリアですが、その彼女がまみかにだけは使命を超えて心を寄せています。そして、まみかとの対話で、自分の義には心がかけているのだろうと自覚しています。

味方であるはずのおっさんにまで「力を振るえないならば黙っていろ」と散々な言われようのまみかでしたが、今回ついに「元の世界に戻って友達に胸を張れないようなことはできない」とメテオラを助けます。

まみかは「よいことをする」というある意味幼稚な、しかし高潔な気持ちを貫いています。これは目的のためには手をも汚すという決意をしているアリステリアに突き刺さるはずです。それゆえに、まみかには姫君の軍勢にとどまってほしいのですが、どうなるでしょうか。

前回、菊地原さんがボタンをはずす演技に舌を巻きましたが、今回は会話に魅せられました。

 

広告

About みとっち
とらドラ!と古典部のSSを書いています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。