『re:creators』チラシの裏

わーっと書きたいことが湧いて出てくるのですが、放送直後にツイッターで話の中身に入りすぎるのもみっともないのでブログで。

この投稿の続きを読む

広告

『RE:CREATORS』の構成がしっかりしていて感心した

『RE:CREATORS』は、第21話「世界は二人のために」で大団円を迎えました。

隠し球であった自身のコピー『シリウス』まで取り込み全ての被造物を退けたアルタイルでしたが、颯太が現界させたセツナとの対話により、二人ともこの世から退場しました。大崩潰は阻止されたことになります。

2クールに及んだこの作品は当初の被造物達の戦いから創造主達へとフォーカスが変り、後半では主役級の被造物が次々とこの世を去ったため、みょうな駆け足感というか、つぎはぎ感を感じました。しかしながら、戦いが終わって見返してみると、非常に緻密に練られた伏線で個々のエピソードが繋がっており、感心する部分もあります。

以下、感じたことを書いてみます。この伏線は後ろから見ていった方がわかりやすいようです。

この投稿の続きを読む