『RE:CREATORS』の構成がしっかりしていて感心した

『RE:CREATORS』は、第21話「世界は二人のために」で大団円を迎えました。

隠し球であった自身のコピー『シリウス』まで取り込み全ての被造物を退けたアルタイルでしたが、颯太が現界させたセツナとの対話により、二人ともこの世から退場しました。大崩潰は阻止されたことになります。

2クールに及んだこの作品は当初の被造物達の戦いから創造主達へとフォーカスが変り、後半では主役級の被造物が次々とこの世を去ったため、みょうな駆け足感というか、つぎはぎ感を感じました。しかしながら、戦いが終わって見返してみると、非常に緻密に練られた伏線で個々のエピソードが繋がっており、感心する部分もあります。

以下、感じたことを書いてみます。この伏線は後ろから見ていった方がわかりやすいようです。

セツナの言葉の説得力

セツナの人生の最後の数分が丸々現界するという奇跡の中で、セツナとアルタイルが言葉をかわします。恨みを込めて作ったかも知れないとわびるセツナ、生きている内に会いたかったと本心を語るアルタイル。アルタイルは普段の声と調子が変っており、これが彼女が志を貫徹するためにいかに強い心を持たなければならなかったかを暗示しています。ナイス脚本。

アルタイルはセツナを偽物だと切り捨てることができません。切って捨てれば、現界した被造物である自分の心まで偽物であると認めることになります。現界した自分のセツナへの気持ちが本物であれば、目の前に現界したセツナも本物です。アルタイルにはセツナを退けることができません。

その上で、死んだセツナのために自分の志を遂げたい、セツナのいない世の中など消し去りたいと言うアルタイルに、セツナは説きます。アルタイルは自分一人が作った被造物ではないのだと。アルタイルはセツナの作った二次創作物に多くのアマチュアが手を加え続けた被造物です。それ故彼女は最強でした。

そして最強故に「セツナのいない世の中に価値などない」と言い切ることができないわけです。なぜなら、彼女に愛を注いだその他の多くの創造主達は生きているのですから。

被造物全滅に意味がある

ここ数回のストーリーでアリステリアやセレジアといった物語の中核に近いキャラが退場してしまいました。私も見ていて虚を突かれたというか、なんとなく意味のない退場に思えてどうしたものかと考えたものです。カマキリメガネ使えねぇ。

しかしながら、今回を見終わってみれば、彼女らの退場や、他のキャラがアルタイルに対して無力だったことはなるほど必然だったと思わざるを得ません。この物語にはアルタイルを誅殺して世界を平和ならしめるという方向もありかと思いますが、そうなると死んだセツナが全く救われません。

アルタイルを倒して死ぬ際にセツナを出すというストーリーは、彼女を出す必要がないため実行されません。

死んだセツナを掬い上げ、かつアルタイルと対話させてこの世界を守るエンドを探そうとすればそれは被造物が全て倒されるというストーリー以外には無いようです。

私はこの物語を「クリエイター達について」描いた作品だと思っているため、作者がセツナを「世の中に認められず罵倒に疲れて死を選んだクリエイター」としてここに引っ張り出してきたことは当然だと思っています。

真鍳の役どころ

アルタイルによって現界した真鍳は、どちらの陣営にもつきませんでした。彼女はどうするのだろうと考えていましたが、トリックスターとして機能したことには舌を巻きました。とてつもない脚本です。

創造主を被造物として現界させるというのは、「RE:CREATORS」という作品の世界観の中でも無理があります。だからこそ、「やってみろ」と声をかけた松原氏を始め、他のクリエイター達も颯太の案を切り札として考えていませんでした。それは無理だ、と思っているものを数に数えることはできません。オペレーション・チャンバー・フェスは失敗が許されない大プロジェクトであり、ばくちの要素は極力排さねばなりません。

そして無理のある嘘だからこそ、真鍳の能力によってその奇跡が本当の事になるわけです。作者は始めからこれを狙っていたんでしょうね。自殺した作者さんは可愛そうですが。

まみかの死にすら意味がある

中盤で退場したまみか。

前半のギスギスした雰囲気に花を添えていたので、彼女の退場で随分寂しくなりました。しかし、考えてみると彼女の死すら上のストーリーの中で必要な要素になっています。まみかの死に激昂したアリステリアはメテオラと対峙し、対話を拒みます。そして割って入った颯太と、再度かばいに入ったメテオラを見て、脳筋いっぽんやりだった考えに揺らぎが入ります。

颯太を身を挺してかばったメテオラは、アリステリアが言うところの策を弄するようなずるがしこい態度ではありません。これはアリステリアの中のメテオラ像、ひいては敵対陣営像を大きく揺るがせます。そして颯太との対話は、自分の世界の惨劇が見世物として作られていた事への怒りにたいして、別の見方をもたらしています。

結果的にアリステリアは真鍳のもとを訪れ、その会話から真鍳はトリックスターへと舵を切ります。まみかの死は、きちんとラストへ繋がる伏線になっています。

次回最終回

RE:CREATORSは「被造物が現実世界に現れる」という荒唐無稽な設定を切り口にして、クリエイター達を描いた一風変った作品でした。その構成は単なる独立したエピソードの連続では無く、それぞれのエピソードが繋がって意味のあるストーリーを組み立てています。大変よくできた構成の作品です。

政府予算で世界は救われましたが、死んだ被造物がどうなるのか、まだ明らかになってはいません。何にせよ、物語で描かれたクリエイター達はそうそうへこたれる連中ではなさそうです。次回を楽しみにしています。

広告

About みとっち
とらドラ!と古典部のSSを書いています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。