2013年冬アニメ終了

2013年の第一四半期も終了。冬アニメも続々最終回を迎えました。継続して視聴していたモノも含めて感想を。

絶園のテンペスト

1クール大詰めから心理戦へと舵を切り、新年からまさかのラブコメ展開で視聴者の度肝を抜いた本作品も最終回を迎えました。終わってみると、全編見事なほどに緊張感が持続しており、おのおののエピソードに無駄がなかったなと感じます。たとえば当初真広や吉野が口にする、次のセリフです。

世の中の関節は外れてしまった。
ああなんと呪われた因果が
それをなおすために生まれついたとは!

ハムレットのセリフなのですが、見返してみれば1話で愛花がつぶやいていたのでした。そして彼女のセリフとしてみれば、これが単に彼女の嗜好ではなく、置かれた立場そのものであることがわかります。その、悲劇からくる諦観のなかを漂っていた彼女の前に現れたのが真広と吉野であり、彼らのために彼女が運命を単なる悲劇からすべての人が幸せになる悲劇へ展開させることを望んだ気持ちは、最後まで視聴した今、痛いほどわかります。そして、その思い出こそが、富士山麓で吉野に大どんでん返しを行わせる原動力となったのでした。

当初過剰とも思えた愛花推しは、終わってみれば必要なエピソードであり、好きになった男のためになら何でもするという葉風の描写が、クライマックスでの愛花の行動の説明になっているなど、非常によく練られた構成でした。

原作は未読ですが、原作付き作品の強みとも言える、しっかりしたストーリーでした。

俺の彼女と幼なじみが修羅場過ぎる

前半、主人公のあまりのくそ野郎加減に何度も視聴をやめようと思った本作品ですが、なんと、なんとの大化けを見せてくれました。後半参戦の愛衣が振りまく笑い一杯のラブコメエピソードをエンジンに話を推し進めつつ、真涼の心の変化をさりげなく細やかに描いた点が秀逸です。

当初非常に感じの悪いヒロインとして描かれていた真涼ですが、後半から気持ちが左右に揺れる様がよく描かれており、大振幅の大騒ぎを繰り広げる愛衣といいコントラストでした。

最終話では、がらくたのように崩れてしまった自分の心を見つめる真涼に鋭太が歩み寄って道を示してやるシーンがよかったです。

どこかで見たようなセリフ、どこかで見たようなシーンが耳や目につくのが気になりましたが、最終的に「彼女」と「幼なじみ」がいい感じに修羅場を演じる綺麗な終わり方でした。

たまこまーけっと

あっという間に最終回を迎えた本作品。随所でほろりとさせながら、しかし本当に大変なことは何も起きないと言う見事なほどの鉄板ホームドラマでした。

最後の最後まで居候ポジションを見事に演じきったデラに拍手を。

サイコパス

なかなか評価の難しい作品でした。

最終回のラストエピソードが、アカネの配属エピソードの繰り返しになっていながら、宜野座とアカネは違うと言うニュアンスが込められています。一方で、配属されたミカが、犯罪で友人を失った過去を持っている点、犯罪係数が100を突破してしまった宜野座が左手を義手に換えて父親と同じ職に就いた点、マキシマに同類であると指摘されたコウガミが、マキシマ同様社会のどこかに犯罪者として消えていってしまった点など、悲劇の繰り返しを暗喩する点も多くあります。

最後のシーン、コウガミが部屋(セーフハウス?)を出て行きますが、読みかけの本は「失われた時を求めて」の第一遍です。未読なのですが、調べたところによれば「スワン家の方」と「ゲルマン家のほう」という二つの方向からの人々が、ある女性の登場で象徴的に統合されるという話であるらしく、おそらくは犯罪者であるマキシマと刑事であるコウガミが、アカネの登場によって引き合わされ、そして一つになっていくことを暗喩しているのでしょう。

評価が難しい作品でした。大事なことなので二度書いておきます。

しろくまカフェ

全然話題にならない作品ながら、これを取り上げないのはもったいないほどいい作品でした。いい、という言葉をどういう意味で使うかによりますが、肩の力を抜いて穏やかな気分で見る事のできる作品です。かといって、癒やしなどというあざとい軸を持っていなかったのも魅力ですね。本当に得がたい作品でした。

アニメスタッフがずいぶんと作品に肩入れしている事がわかるのもこの作品の特徴でした。あちこちに工夫がしてあったり一手間かけているのがわかるんですよ。それだけに当初契約関係の雑音が聞こえてきたのは残念でした。

『絶園のテンペスト』 まいりました

「愛花が絶園の魔法使いじゃつまらない」と書きましたが、驚くほど面白い展開に引き込まれました。愛しているからこそ、私は死ぬのだと言うことを、強い意志と強い力で訴える姿に引き込まれるように見ていた30分でした。

岡田補正

「いや、絶園のテンペストは岡田原作じゃないから!」

まぁ、そうなんですけど。最新話はあっと驚く展開でしたね。愛花の正体がわかったときには驚きました。でもまぁ、驚きが収まると興ざめではあります。現在において周囲を振り回している女が始まりの樹の姫宮であることに対して、かつて周囲を振り回してたのがただの女子中学生であることが一つの趣出会ったわけですが、結局その人も絶園の樹の魔法使いでした。なんだ、つまらん。

あらゆる可能性を一つ一つつぶしていって逃げ場のない状況を作り出したこの番組ですが、この子が本当にラスボスなら面白くありません。それとも、すべてがハッピーエンドにつながる唯一の道として愛花が選んだのがこの方法だったのでしょうか。

今週のアニメ

短い感想をいくつか、まとめて書きます。

絶園のテンペスト

構成のうまさにうなった回でした。

「お前のそれは恋だ」とじゅん兄さんから面と向かって言われた葉風は動揺しつつもおそるおそる吉野との距離を縮めます。その行為は、まだ正体不明の吉野の「彼女」の命を危険にさらす可能性があります。葉風は吉野の彼女が誰であるかまだ知りませんから、吉野の彼女が死んでいることに思い及びません。一方で、山本達は吉野が絶園の魔法使いなのではないかと疑い始めます。

ラブコメパートの使い方がうなるほどうまいです。コメディが重いストーリーにメリハリをつけるだけではなく、ラブそのものがストーリーの根幹の謎に絡む「かもしれない」とにおわせているため、笑いを誘うのに浮いている感じがしません。里の秘密が暴露する危険を冒しても吉野の傍に早くたどり着きたいと飛ぶ葉風の姿も、胸を打ちます。

一方で、これまで思惑や推理が外れまくって一人で割を食っている左門をよそに、山本さんの「もう何を信じたらいいのかわからない」という言葉が実に見事でした。すでに状況は混乱しきっています。謎がほとんど解決されないまま、不確定要素が増えている現状では視聴者も何が何だかわからないわけですが、そこに正しいかどうかわからない推理を垂れ流しつつ、登場人物にその混乱を的確に表現させたな、と感じます。

2/3終了しました。さぁ、話はどのように収束するのでしょうか。

サイコパス

一方でかなりがっかり感を味あわせてくれているのが『サイコパス』です。

「周囲の犯罪係数をコピーすることでドミネーターを無力化するヘルメット」のせいで、町は無法地帯化しています。へー、ふーん。

  1. ヘルメットで覆っているのは頭だけである。
  2. つまり、首から下は犯罪係数の計算になんら寄与しない。
  3. ということは、別に特殊なヘルメットでなくても、目だし帽とサングラスで顔を隠し、ついでに頭にアルミホイルでも巻いておけばOK。
    偽装ヘルメット、いらないじゃないですか。設定考えた人、甘すぎます。この手の話は設定が甘いと途端にしらけるのできちんと考えてやらないと。もう一つ、公安側の犯罪係数のエピソードがどれもこれも薄っぺらでがっかりしました。真のサイコパスかと期待していた弥生は、単にあこがれのミュージシャンのせいで色相が濁っただけでした。おっさんがギノザの父親である設定は全く活かされていない心底どうでもいいエピソードでしたし、アカネの犯罪係数は単に前向きだからで片づけられてしまっています。なんだこれ。シビラシステムの秘密については、さらにがっかりするんじゃないかと恐れていますが、これはまだ話が明らかになっていないので保留しておきます。

俺の彼女と幼馴染が修羅場過ぎる

「私にだって触れてほしくないことがある」

って、あんたそれで普段から人を脅迫してるやん。

主人公と「彼女」がこれほど魅力に欠け、それどころか不快な作品も珍しいです。なんで見てるかって?茅野さん待ちです。あと、千和はいいですよね。