最終回

3月ももう終わりです。いろいろな番組が最終回を迎えました。

ブログでは触れませんでしたが、『ちはやふる』楽しかったなぁ。

あの夏で待ってる

予想通りと言えば予想通りの終わり方ではありました。結局先輩の記憶の場所にはたどり着いたものの、二人は再会を誓いつつ結局離ればなれに。

イチカに被らせたシールドが、実はウエディング・ベールを暗示していたりして、細かいところで憎いです。

檸檬が撮りためていたフィルムを4人に渡すのは、想像通りでした。ただ、このフィルムを渡す前後の、日常に戻った4人の描写がよかったですね。あれほどさわやかに映画に誘ったくせに、煮え切らない哲朗もいいですが、その煮え切らない態度を前にして全く動じず、「ウェルカムですよ」と待つ女をにっこりアピールする美桜。そして、互いの気持ちをさらけ出してなお、仲のいい幼なじみであり続ける柑菜と哲朗。

少し無口になった海人。もともとアクティブな少年ではなかった彼が、さらに静かに勉強に打ち込んでいる様は、「必ず会いに行く」とイチカに誓った約束のためでしょうか。

4人でのフィルムの上映会。それぞれにけりを付けたつもりの気持ちはまだやはりくすぶっていて、楽しい想い出やつらい想い出に揺れるそれぞれが丁寧に描けていました。そして柑菜を気遣う美桜、海人を気遣う哲朗。単なる恋愛劇ではなく、それを支える互いの気遣いがこの作品に色を添えています。

後半、あまりの破天荒さが不気味にすらなっていた檸檬や、さんざん石塚家で人の口に上りながら、最後に一度だけ登場する真奈美の旦那さんといった面々が爆笑を呼びましたが、その彼らはどうやらエンディング後の自主映画上映会に繋がっているようです。何しろ海人に渡されたフィルムは「山乃檸檬 presents. 未完成版」ですから。

夕刻や朝の色が印象に残る、さわやかでいい番組でした。

Another

わーい!死者の予想当たったよ!

と、単純には喜べなかったなぁ。序盤から中盤に描けて、恐怖から謎へと軸足を移したこの作品は、最後の二回でサバイバルが話の主体になります。

薄っぺらだったな。

前回も批判しましたが、水嶋監督は人の生死を描かない方がいいです。多分、そっち方面の才能と努力が決定的に欠けています。序盤から中盤にかけて、あれほど赤沢さんの委員長としての責任感や、恒一への好奇心・想いを描いておきながら、最後の二回で全く活かすことができないなんぞ、噴飯ものです。

恒一が死者と向き合うシーンも、あんな一方的な迷いだけではなく、二人の間の会話があってしかるべきなのに、なんだかなぁといった感じでした。

序盤がすばらしかっただけに随分がっかり感の残った番組でした。

広告

今期のアニメももうすぐ終わり

『あの夏で待ってる』

第11話はお迎えに来たお姉ちゃんがイチカ先輩に帰国説得。でもなんだかんだで海人と逃げることになります。過去に異星人と接触した証拠を見せれば、地球を文化的に隔離する必要が無くなって強制帰国の理由が無くなるのだとか。

まあ色々考えちゃうんですよ。かつてハードSFを愛読した身としては。ちょっとぬるいですかね。過去に接触したご先祖様がDNAの中にその記憶を植え付けたって事になっていますが、それ、連盟だか連邦からは認知されていませんよね。ということは、秘匿されていたわけで…ご先祖様、なんかやばいこと隠していたんじゃないですか?というか、このご先祖様にしてこの子孫ですか。

宇宙人と人類のカップルは獣姦だぞ!とか私は言いませんから。言ったのはニーヴンです。

それにしても、今週も柑菜はいいことを言いました。「好きな人には幸せになってほしい」言えないよな。なかなか。愛は与えるものだって言うのは簡単だけど、振られた生傷がじくじく痛む最中には言えないです。

今週は哲朗がようやく美桜の方を向いてくれました。映画見に行かないかって、さすがイケメン。「付き合おう」、でもなく、「好きだ」、でもなく、「映画見に行かないか。二人で」。美桜の嬉しそうな顔が印象的でした。直前のシーンで「私も一緒に行く」という美桜の言葉の意味が深くて、単に危険を冒す哲朗に同行するわけではなく、「常に横に居たい」という気持ちの暗喩になっています。それを受けての二人で映画ですから、ねぇ。

『Another』

同じく11話。ちょっとテンション落ちたかな。

ぎゃーっ!大殺戮!って事なんでしょうけど、せっかくこれまでホラーの雰囲気を盛り上げてきたのに、ここでスプラッターかよって気がします。この作品の監督さん、Blood-Cの残虐なだけのストーリー運びでかなり評判を落としたのですが、根っこは変わっていないかも知れません。

この作品は前半の「見崎鳴は幽霊ではないのか」という疑惑に縁取られた忍び寄るような恐怖に始まり、発動した災厄によって誰がいつ死ぬかわからないという息をひそめるような緊張、死者は誰なのか、災厄を止めることはできるのかといった重苦しい疑問が持ち味でした。

今回は勅使河原・望月コンビの不手際からパニックと恐怖が伝染してしまいます。いまいちおばちゃんが狂った理由がわかりませんが、惨殺と火事という、屋敷ものには不可欠の要素が投入されました。

そして先に書いたように、この恐怖に煽られたクラスメイト達による見崎鳴への殺意は、しかし映像としてみると、しらっとした印象しか受けません。何が理由であれ、同じクラスで学んだ少女を、死者かも知れないと言うだけで、あんなに顔をゆがめて殺す気満々で対峙できるものでしょうか。そりゃ確かに4ヶ月間死の恐怖と隣り合わせだったわけですが、中学生の殺意というものが他の一切の感情無しで持ちうるとしているあたりに妙な薄っぺらさを感じざるを得ません。

転落死した小椋さんの死体の描写などを見ても、水嶋監督という人は人の生死に対して浅薄な見方しか持ち合わせていないのでしょう。

前回の終わり、死者を知っていると言う鳴の肩をつかんでを恒一が引き寄せルシーンがあります。あのときの、力なくただされるがままに引き寄せられる鳴の動きに随分感心したものです。見崎鳴という、人生に対する意欲が希薄で能動性の薄い少女をよく描いていると思ったのです。いろいろな細かい仕草が描けていて全体的にAnotherは好きなのですが、今回は少ししらけました。

みんなのため

Another 第10話で、赤沢泉美は自分の対策係としての落ち度を認めた上で、「見崎鳴が謝罪の一つもしない」とつるし上げましたが、それはやはりおかしな言いぐさです。

鳴は災厄が恒一の登校前から始まったことを知っており、泉美は知りませんがそれは横に置いておきます。

泉美を初めとする3年3組の面々がクラスの決め事を通そうとするときに必ず言う言葉が「クラスのみんなのため」です。「みんなのためだから」仕方ない。「みんなのためだから」我慢してくれ、と。その大義名分、錦の御旗を掲げ、はっきりと「嫌です」と言った鳴を居ない者として扱ったわけです。

であれば、鳴を居ない者とする責務は一人鳴だけが負うべきものではありません。みんなのためにするのですから、みんながその責務を負うべきなのです。クラスメイトの命がかかっているというのなら、対策係が学校を休んだくらいで、転校生に事情を説明するというクリティカルな仕事を怠った無能どもは全員未必の故意で有罪です。

役に応じた責任があるというのなら、役に応じた権利もあるべきです。しかし、鳴には一切の権利がありません。「居ない者」役がその重圧に耐えられなかったから一昨年の対策が失敗したのであり、その災厄で兄を失った泉美こそ、その点をはっきり理解しているはずです。

そんなに悪い子に思えないのですが、やっぱり恒一のことが好きなんですかねぇ。

りつ子とみさき

ふと思ったのですが、恒一の死んだ母親、りつ子は、始まりの年に死んだ夜見山みさき君の事を好きだったのではないでしょうか。

集合写真に写っていたみさき君は、実に不気味な姿でした。それは、担任であった千曳ですら、怖くなって処分するほどの物です。しかし、りつ子はその写真を捨てずに大切に実家に保存していました。考えれば変な話です。普通、心霊写真など、よほどその手の現象に興味がない限り手元に置きたいとは思いません。

26年前、みさきが死んだ後、クラスメイトの一人が「みさきは死んでいない」と言い出しました。それが、災厄の引き金になった事件でした。

「みさきは死んでいない。生きている」と言い出したのは彼のことを好きだったりつ子なのかもしれません。だから、「よりによってりつ子君か」なのかもしれません。

保護中: Another 第10話時点での推理 パスワード : netabare

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

第10話 漆黒

Another 第10話。

なすすべもなく災厄の犠牲になっていく3年3組は予定通り近所の神社への合宿を行います。それには災厄を停止させる祈りの意味がありましたが、合宿中、恒一達はついに現象による死を停止させる術を知ります。

いくつもの伏線が回収され、これまで謎であった点が明かされた回でした。

  • 赤沢泉美は夢の中で恒一との出会いを思い出した。二人が出会ったのは一昨年、彼女の兄が災厄により死んだ後だと思われる。
  • 恒一の母、りつ子の卒業写真は離れにあった。離れは玲子が使っている。なぜ離れにあったのかは不明。
  • 鳴の義眼は死者の色がわかる。
  • 藤岡みさきは鳴の従姉妹ではなく、双子の姉妹だった。彼女は現象の今年の最初の犠牲者だった。

それにしても、陰鬱な合宿です。記念写真、誰も笑っていないし。あと、りつ子のクラス集合写真、怖すぎです。

ストーリーの面から言えば、泉美の謝罪要求は唐突すぎるように思えます。やや冷淡に見えるものの、基本的に彼女は感情より筋道を重視していたように思えます。あるいはいつも恒一のそばにいる鳴への嫉妬だったかも知れませんが、だとしたら鳴をつるしあげても恒一が味方するだろう事は予測できたはずですし、事実そうなりました。

最後、鳴は誰が死者か知っていると恒一に告げます。その名を言おうとしたとき、部屋に飛び込んできたのは勅使河原でした。

「俺、やっちまったかもしれない」

と、彼は言います。直後、死体らしき倒れた人影が映りまが、たぶん勅使河原が殺した訳じゃないですね。かなり激して誰かと話すシーンがありましたが、たぶん彼が手をかけた訳じゃないですね。おそらくは災厄を止める方法をクラスメイトに話したのではないでしょうか。その結果、疑心暗鬼になった連中が殺戮を始めたとか。

泉美の気持ちはともかく、鳴が恒一に好意以上の気持ちを持ち始めているのは確かなようです。しかし、血みどろの夏休みに彼女の恋は実るのでしょうか。

保護中: Another 第8話時点での推理2 パスワード : netabare

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。