Re:CREATORS 10話 前半戦終わり?

まみかの死から続く、アルタイル勢と颯太組の衝突は、真鍳による攪乱によって振幅を増し、ついに颯太組が壊滅の危機に追い込まれます。

以前のエントリで

「Re:CREATORSというタイトルには、キャラが『創造主について』語るという意味があるのではないか」

と書きました。振り返って見るとこれは想像以上に当たりだったような気がします。むしろ、番組スタッフというクリエイター達が自分語りをしているように見える事がたびたびありました。

今回の見所はなんと言っても松原氏が瀕死のセレジアを怒鳴りつけるシーンです。メテオラからは無節操と呼ばれ、そのぞんざいな物言いにセレジアが何度も反発した松原氏ですが、政府機関が接触してきたときの菊地原さんとの会話でセレジアに対する気持ちがはっきり表明されています。

「セレジア・ユピテリアさん。そちらは松原さんの創作物ですね」

「ものじゃないんで。そういう言い方はやめてくれよ」

政府関連組織に引っ立てられて呆然としていたはずの人が、怒りを露わに冷たく言い放つこのシーンは、セレジアにとっても松原という神様がどのような人間か垣間見ることのできた場面でした。そして今回です。

セレジアは2話でまみかに

「私の神様がどんな奴なのか。それは、私自身で判断するわ」

と、言い切りました。そしてそれが今回、松原氏のこのセリフにつながります。

「俺がお前の作者な限り、お前にそんな間抜けな死に方させないぞ!」

創造主の力で蘇ったセレジアは松原氏に微笑み、その姿を見て松原氏が涙ぐみます。かつてセレジアは反発しましたが、この二人は親と娘なんですよね。松原氏は始めからそのつもりで、セレジアはついにそれを認めるに至りました。

どんな人間であってもいいが作品には誠実に向き合って欲しいと言ったメテオラ。しゃんとしろと言った弥勒寺。お前のようなものに創造されたこと、慚愧に堪えぬと言ったアリステリア。いつまでも盟友だと言ったアルタイル。主立ったキャラクターの創造主への気持ちがモザイクのように語られ、物語はようやく前半が終わりました。

戦力的に大きく劣ることになってきた颯太組に対して、アルタイル組は動こうにも動きにくくなってきました。後半戦はクリエイター語りではなく、能力改変を含めた頭脳バトルに突入でしょうか。

『Re:Creators』 第6話 まみかの義

Re:Creators、物語のキャラクター達が創造主達に干渉することによって物語を『再創造(レクリエイト)』しようとしている話ですが、キャラクター達が『創造主達について(Re:クリエイターズ)』考える、タイトルどおりの話になるのではないかと勝手に予想しています。

さて、前回の感想で脚本に完敗と書いた訳ですが、今回も同じ感想です(笑)。おもしろい。キャラが立っているとか立っていないとかじゃなくて、「この設定のキャラ」と「この設定のキャラ」だから、会話がこうなるだろうという非常に練りこまれた脚本を見せ付けられました。

今回はなんと言ってもアリステリアとまみかの絡みがすばらしかったです。

まみかは登場時には一種際物扱いされていました。現代社会に魔法少女が力を振るうとどうなるかという最高にキャッチーなエピソードで登場した後、その甘っちょろさをセレジアに散々なじられました。このシーンはセレジアの見せ場で、風になびく髪が彼女の荒々しい決意を美しく語っています。セレジアの引き立て役になったまみかですが、おまけに乱入した弥勒寺優夜に一笑されています。なにが優也ですか、ぜんぜん優しくないです。

軍服の姫君もまみかのことをチョロインくらいにしか思っていないのでしょうか、絡みがありません。

が、まみかは他者とのかかわりで輝くんですよね。がちがちに『義』だけを前に出すアリステリアは、最初にまみかを救ったときに微笑みかけます。おそらくは、「危機に瀕している弱きもの」を救うという彼女の義の心がそうさせているのでしょうけれど、それゆえにまみかを横に置くことで、アリステリアの義がセレジアのそれと本質的に異ならないことがよくわかります。

まみかとアリステリアはいろいろなところが対照的です。たとえば住んでいる世界を見てみれば、まみかは物質的に恵まれた現代に近い世界に住んでいます。アリステリアのそれはおそらくは困窮にあえぐ世界です。それをビニール袋のやり取りで鮮やかに描き分けて見せた脚本を賞賛せずにいられません。

アリステリアはその世界の違いに自覚的で、6話でもまみかの世界について聞いています。このシーンはいいですね。民草の救済だけが自分の使命であり、それ以外はどうでもいいといった風のアリステリアですが、その彼女がまみかにだけは使命を超えて心を寄せています。そして、まみかとの対話で、自分の義には心がかけているのだろうと自覚しています。

味方であるはずのおっさんにまで「力を振るえないならば黙っていろ」と散々な言われようのまみかでしたが、今回ついに「元の世界に戻って友達に胸を張れないようなことはできない」とメテオラを助けます。

まみかは「よいことをする」というある意味幼稚な、しかし高潔な気持ちを貫いています。これは目的のためには手をも汚すという決意をしているアリステリアに突き刺さるはずです。それゆえに、まみかには姫君の軍勢にとどまってほしいのですが、どうなるでしょうか。

前回、菊地原さんがボタンをはずす演技に舌を巻きましたが、今回は会話に魅せられました。