『はぢがーる』 4巻 まさかの超ストーリー

このブログを立ち上げた頃からの一押し漫画、『はぢがーる』の4巻が出ました。

3巻の終わりで高熱にうなされながら本田くんに告白した紗絵ちゃん。しかし、その告白はタイムリミットを踏み越えており、課題はクリアならず。卵から産まれてきた天使ならぬ謎の芋虫に延長戦として課題を出し続けられる紗絵ちゃんはこれまで以上の暴走を繰り広げます。

読みながら目が回る思いでした。私は雑誌連載分を読んでいませんので、単行本が初見になります。そして4巻の中の紗絵ちゃんは、これまでとは全く違った表情を見せるようになっています。当初、極度の恥ずかしがりとして登場した紗絵ちゃんは、あまりの恥ずかしさから周囲に壁を作り、男の子を寄せ付けない女の子でした。そのくせ、恋に恋する乙女なのです。

その紗絵ちゃんが、転がり込んできた「天使の卵」に振り回されつつ、気になる男子本田くんとあれやこれやを繰り広げる悶絶ストーリーが『はぢがーる』でした。3巻でとうとう自分の気持ちに気づいた紗絵ちゃんですが、本田くんを好きになってしまったが故に、これまでの「課題クリア」のためのアクションに激しい罪悪感を抱きます。そして、現れた恋のライバル真木さん。自分より遙かにまっすぐで隠すところのない真木さんに劣等感を抱く紗絵ちゃん、というのが3巻までの流れです。

が。

まるでこれまでため込んできた感情が一挙にはき出されるがごとく、4巻では発露されます。それも、恥ずかしがり屋状態のままで。結果的に圧力鍋のごとく血圧を上げる紗絵ちゃんは、赤面度が20%増しです。しかも、気持ちが漏れる漏れる。

課題で本田くんに水着を選んでもらうことになったものの、本田くんが真木さんの水着を見ている「ような気がして」、思わず「ねぇ、どっちがいい?」と聞いてみるシーンとか、反則ものです。だって、詰問じゃなくて、すがるような顔で聞くんですよ?本田くんじゃなくても悶絶ものですよ。

また、外出先で休日デート中の本田くんと真木さんを見つけて、思わず涙を流すシーンもよかったです。紗絵ちゃんって、決してここで焼き餅焼いて誰かにあたったりしないんですよね。ただ、涙を流す。と思ったら本田くんに乗り込んでるし!

天使に振り回されて本田くんを巻き込むことに胸を痛める紗絵ちゃんは、いつか本田くんに本当のことを話したいと告げます。でも、今は言えない。それでも、「話してくれてありがとう」という本田くんがイケメン過ぎて生きるのがつらいです。が、この4巻のもう一つの見所は、本田くんの気持ちの揺れでした。笑顔が朗らかでまっすぐな気持ちをぶつけてきた後輩の真木ちゃんと、今ひとつ気持ちを読み切れないクールビューティーの紗絵ちゃん。この二人の間で揺れながら、彼が次第に自分の不誠実さを思い悩み始める姿がじっくり描かれている様は見事でした。

1巻を見始めた頃は、ストーリーには期待できないなどと考えていましたが、作者はこれまで重ねてきた物語の上できちんと登場人物達を育てています。それがゆっくり丁寧に描かれている様は、もっと多くの人に読んでほしいと思えるできあがりです。

 

広告

はぢがーる 2巻

ようやく2巻発売。月一連載なのでペースが遅いですね。じれます。

2巻もあざとい!表紙でもじっと顔を赤らめる紗江ちゃんはいいとして、裏表紙は今回も黒ストッキングのおみ足でした。なんだかなぁw。

さて、肝心の中身ですが、ストーリーは相変わらずあってないような物ですw。もともと話のオチは最初から見えているような物ですから、読む側としては緊張感がないのは致し方ありません。もっとも、ラブコメってそんな物ですが。一方、そんな読者を余所に、紗江ちゃんは本人だけが気づいてない恋の井戸へ真っ逆さまに落下中です。

1巻から進展があったと言えるのは、彼女がはっきりと本田君を意識し始めたことですね。「本田君じゃないと嫌だ」「わたしを選んでくれないと嫌だ」という強い気持ちがわき起こっています。作者としてはここで紗江ちゃんにぼけさせて「これは恋じゃないのよ」としたいところのようですが、むしろ恋を意識させた方が面白くなりますよ。恋も音楽もネタにするなら悩まないと面白いストーリーになりません。

早くも最終回が近いようなフラグが立ち始めたのでちょっと心配な2巻でした。

はぢがーる

主人公の氷室紗江は高校生。黒髪のつり目美人でミニスカートに黒タイツ。男子のアプローチをことごとくはねつける孤高の委員長キャラ。と思いきや、極度の恥ずかしがりであまりに恥ずかしいので男子を避けているのでした。

イヤーいい設定です。ドラマなんぞ見ながら枕を抱いてゴロゴロしてしまう、恋にあこがれるお年頃の紗江ちゃん。しかし、片っ端から男の子をはじいていて恋に落ちようはずもありません。かといって自分で話しかける勇気も無し。

そんな氷室さんの所に、何の因果か天使の卵が転がり込み、無理難題をふっかけ始めます。いわく、男子にハグしろ、間接キスをしろ、あーんで食べさせろ、相合い傘だ膝枕だ、と。一度でも失敗したら一生男の人と結ばれなくなるペナルティ付き。

毎度毎度羞恥に身をよじり、顔を赤くして課題に望む氷室さんのくるくる変わる表情がいいです。おまけに、最初はあまりにぎりぎりで自分のことしか考えていなかった彼女が、巻き込まれ型のお相手役、本田君の気持ちを考えるようになるストーリーもぐっときます。

ちょっとギャグタッチのコマが多すぎる気がしますが、赤面少女を存分に愛でることのできるいい作品でした。

なんと言っても絵がいいので、ストーリー失敗せずに書きためればアニメ化もあるのでは?
はぢがーる (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) <span style=