ああ、そうか

「放課後プレイ」って、萌え漫画だと考えるとしっくりきます。私は萌えには関心が無いつもりでしたが、いつのまにか策略にはまっていたようです。

放課後プレイ

ゲーム雑誌に連載されていたらしい。「放課後プレイ」という漫画を読みました。

基本的には放課後に男女二人の登場人物がゲーム関係の話をだべるだけの物語です。1巻、2巻と続きものではなく、1冊終わると物語は終わって、次の巻は「放課後プレイ2」という別の物語になります。1は軽いひきこもり指向の彼氏と、彼の家にゲームをしにくる彼女の話。2は漫研の先輩と後輩の話。3は図書委員長と、常連の話。です。いずれもヒロインは極端なくらい記号性を強調したキャラ・デザインで、前半のサブカル話から脱線して後半は色恋、それも比較的にディープな話になっていきます。 この投稿の続きを読む