『Re:Creators』 第6話 まみかの義

Re:Creators、物語のキャラクター達が創造主達に干渉することによって物語を『再創造(レクリエイト)』しようとしている話ですが、キャラクター達が『創造主達について(Re:クリエイターズ)』考える、タイトルどおりの話になるのではないかと勝手に予想しています。

この投稿の続きを読む

広告

『月が綺麗』 第5話

初恋によって景色が変っていく二人を描く本作。

初々しい二人をめでているだけで十分楽しいのですが、今回は副題が『こころ』です。それだけで(やめてくれ!)と思ったわけですが、最後まで観てやっぱり3角関係であることに絶望しました。

千夏ちゃん、いい子なのであまり苦しい話に巻込んで欲しくないのですが、公式サイトのキャラクター設定をみて絶望感を深めています。

人の持っているものを欲しがるところがあり、悪気無く「いいなー、ちょっとちょうだい」ということがよくある。

なんだよこの設定!だから大人は嫌いなんです!

『正解するカド』 第5話 発想に驚く

第一話こそ何処に向かうのか不明でしたが、ここに来てどうやら政治・思想アニメかな?と思い始めました。

この投稿の続きを読む

『Re:Creators』 第5話 脚本に完全敗北する心地よさ

Re:Creatorが面白いです。

先にも書きましたが、もともとこの作品にはそれほど期待していませんでした。しかしながら、完全に打ちのめされながら観ています。めちゃめちゃたのしい!

この投稿の続きを読む

2017年春アニメが豊作

実のところ、「春アニメは不作だな」と思っていたのでした。多分、残るのは1,2本だろうと。ところが開けてびっくり玉手箱です。各方面に謝って回らなければならないほど、楽しんでいます。

この投稿の続きを読む

『91days』 11話 感想

残り1話。いや、楽しませてもらいました。

毎回毎回息を呑む様な気持ちで画面に釘付けです。ラノベ的にべらべら語り尽くすのではなく、心情を画面で語る。大変映画的な作品です。

また、「ファミリーを大事にする」というマフィア映画の伝統を踏襲している意味で、安心して楽しむことが出来ました。いえ、安心というのは作品への安心です。ストーリーは押しつぶされそうな気分でした。

『家族を殺された』

アヴィリオ(アンジェロ)の復讐劇は、家族殺しと見せて実は

『ファミリーをつぶす』

エンドを迎えます。それは「ファミリーのために」盟友を殺したヴィンセント・ヴァネッティを深い悔恨を与え、絶望のうちに死を迎えさせました。

ファミリーをつぶされたネロは父と弟と妹を失っています。これは父と弟と母を失ったアンジェロと似た境遇になったことを意味します。

孤独になったアンジェロに「たった今から僕たちは兄弟だ」と言ったコルテオは、アヴィリオ(アンジェロ)の手にかかって死にました。弟を手にかけたネロに「今日から俺が弟だ」と言ったアヴィリオはどうなるでしょうか。

保護中: 『箱の中の欠落』『私たちの伝説の一冊』感想 password : netabare20160911

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。